XPRIZE

  • 民間宇宙探査のパイオニアとなったイラン女性は国際宇宙ステーションの商用化を歓迎

    民間宇宙探査のパイオニアとなったイラン女性は国際宇宙ステーションの商用化を歓迎

    XPRIZEのCEOでProdeaの創設者である(アニューシャ・アンサリ氏は、イランで過ごしていた子供時代に宇宙飛行士になることを夢見ていた。 続きを読む

  • 自律海底マッピング技術コンペの勝者が4億円超を獲得

    自律海底マッピング技術コンペの勝者が4億円超を獲得

    この星の上には広大な海がある。だが私たちはその底に何が横たわっているのかをよくは知らない。だがそうした状況もOcean Discovery Xprizeコンペティションの中で生み出された船や技法によって変わるかもしれない。 続きを読む

  • 空気から水を採取する技術のコンテストWater Abundance XPRIZEの優勝チームが決定

    空気から水を採取する技術のコンテストWater Abundance XPRIZEの優勝チームが決定

    XPRIZEのWater Abundanceコンペ、空中から水を採取する持続可能でスケーラブルな技術の懸賞は、5月に5社のファイナリストが決まった。その後一社が脱けて、奇しくも代わりに入った一社が優勝をさらった。 コンペの課題は、“1日に2000リットル以上の水を1リットルあたり2セント以下の費用で、再生可能エネルギーだけで大気から収集する”ことだった。それは、不可能と思えるほどの難題だ。 続きを読む

  • 無から水を得る懸賞Water Abundance XPRIZEのファイナリスト5作品が決定

    無から水を得る懸賞Water Abundance XPRIZEのファイナリスト5作品が決定

    水は生命にとって欠かせないものであるにもかかわらず、戦争でインフラが破壊されたり、気候変動で川や帯水層が干上がってしまったところなどでは、飲用に適したきれいな水を得ることがとても難しい。技術革新推進のための懸賞NPO Xprizeの新しい応募課題Water Abundance XPRIZEがこのほど締め切りを迎え、大気から水を採取する技術5点が、決勝に残った。 続きを読む

  • XPRIZEと全日空が各種エキスパートのアバター(分身)を遠隔危険地へ送り込む技術で$10Mの懸賞を企画

    XPRIZEと全日空が各種エキスパートのアバター(分身)を遠隔危険地へ送り込む技術で$10Mの懸賞を企画

    イノベーション懸賞財団XPRIZEが今日(米国時間3/12)、日本の航空会社All Nippon Airways(全日本空輸, 全日空, ANA)と提携して、賞金総額1000万ドルの懸賞を行う、と発表した。 XPRIZEのファウンダーで財団の理事長であるPeter Diamandisによると、ANAが懸賞のテーマとして関心を持っているのは、“旅の再発明”というコンセプトだ。つまり、状況によっては、物理的に旅行をしなくても/できなくても旅を体験できるテクノロジーに、賞金が提供される。 続きを読む

  • 海底の地図作成を効率化する技術に700万ドルの賞金…地球の海は火星よりも未探査領域が広い

    海底の地図作成を効率化する技術に700万ドルの賞金…地球の海は火星よりも未探査領域が広い

    “重要で画期的な技術”への投資育成を行う非営利団体Xprize財団の最新の懸賞課題700万ドルは、海洋の地図作成技術を前進させたチームに与えられる。ただしオーシャンディスカバリー担当シニアディレクターJyotika Virmaniによると、今回の懸賞は前回のように海の汚染解消を目的とするものではない。 続きを読む