yahoo boss

  • 有料になったYahoo BOSSはそれでもGoogleの検索APIの1/5の安さ

    有料になったYahoo BOSSはそれでもGoogleの検索APIの1/5の安さ

    Yahooは検索をMicrosoftの手に渡して、そのデベロッパ向けの事業もかなり閉鎖したが、その中で生き残ったのが、ほかのWebサイトから使える検索API、Yahoo BOSSだ。しかし昨年の夏にYahooは、デベロッパたちによるBOSSの利用を有料にすると発表した。 そして今日(米国時間2/8)やっと、YahooはBOSSの今後の利用料金を明らかにした。Web全体に対する検索は、1000回の検索で80セントだ。制限付きインデクスなら40セント、画像は30セント、ニュースは10セント。検索量の多いサイトは、Yahooの検索広告の掲載を申… 続きを読む

  • Yahoo BOSSはMicrosoftの買収後も生き残るようだが詳細は不明

    Yahoo BOSSはMicrosoftの買収後も生き残るようだが詳細は不明

    数か月の沈黙をやっと破って、YahooのBOSS担当チームが、困り果てているサードパーティのデベロッパたちに対し、この強力な検索プラットホームの将来に関する声明を発表した。それはYahooのAshim Chhabraが数時間前(米国時間1/7)にBOSSグループのフォーラムに載せた記事で、デベロッパへの情報伝達がひどく遅れた理由を説明し、BOSSの行く末に関する考え方を述べている。それは、良いニュースだろうか? Microsoftとの合意事項によれば、BOSSは何らかの形で生き続ける。しかし、今後どういう点が変わるのか、Microsof… 続きを読む

  • Yahoo BOSSはBingより大きいかもしれない

    Yahoo BOSSはBingより大きいかもしれない

    Yahooが昨年立ち上げたYahoo BOSSは、地味で目立たないけどとても賢明なサービスだ。このオープンな検索APIを使ってデベロッパは、自分のアプリの中にYahooのアルゴリズムを使う独自の検索エンジンを実装できる。TechCrunchのpower searchも使っているし、今では非常にいろんなところで使われている人気のAPIだ。 今年の5月現在で、Yahoo BOSSは1日あたり3000万の検索クェリを扱った。上のグラフはTechnology ReviewのVik Singhのプロフィールからの引用だが、BOSSの利用の急激な伸びがよく分… 続きを読む

  • Yahoo、ウェブサービスのYahoo BOSSをビジネス対応へ

    Yahoo、ウェブサービスのYahoo BOSSをビジネス対応へ

    YahooがSearch BOSSサービスにおけるいくつかの変更点をアナウンスしている。Search BOSSは開発者に、Yahooでの検索結果をカスタマイズするウェブアプリケーションを作成できるようにするもの。今回の変更点の目玉は、Yahooで最も革新的なプロジェクトであるSearch BOSSをビジネス対応にしたことだ。 提供開始以来、BOSSのAPIは完全に無料で提供されてきた。そこに今回はFreemium(フリーミアム)の体系を持ち込んだ。すなわち一日に10,000回未満のクエリーを行う場合には無料で利用でき、その回数を超えると公共料… 続きを読む

  • 今週のElevator Pitch:新たなセマンティック分析にチャレンジする検索エンジン

    今週のElevator Pitch:新たなセマンティック分析にチャレンジする検索エンジン

    新たな検索エンジンサービスで成功を収めるのは難しい。今回(米国時間11/14)のElevator Pitchに登場したのはTruevert。Herbert Roitblatによるもので「普通でいいのですか?」という問いかけを通じて利用者にアピールを試みている。Google、Yahoo、およびマイクロソフトは普通の検索結果を戻す。Truevertは「環境」を意識した特別な検索結果を戻すようになっている。“SUV”を検索するとHybrid.SUV.comがトップに表示される。A search for “build… 続きを読む