Zoox(企業)

自動走行車両テクノロジーを開発する米国のスタートアップ。

  • アマゾン傘下のZooxがドライバーレスの電動ロボタクシーを初披露、最高時速120km

    アマゾン傘下のZooxがドライバーレスの電動ロボタクシーを初披露、最高時速120km

    2020年始め、Amazonに買収されたZooxは、一から作った電動自動運転ロボタクシーをお披露目した。キューブ風の車両にはセンサーが満載され、ハンドルはなくムーンルーフで乗客4人を最高時速75マイル(120km)で運ぶことができる。 続きを読む

  • Zooxがカリフォルニアで自動走行車両の無人テスト許可を取得

    Zooxがカリフォルニアで自動走行車両の無人テスト許可を取得

    2020年にAmazonに買収された自動走行車両テクノロジー開発のスタートアップであるZooxが、カリフォルニア当局からセーフティドライバーなしでの自動走行車両公道テストの許可を取得した。 続きを読む

  • アマゾンが配車サービス向け自動運転のスタートアップZooxを買収

    アマゾンが配車サービス向け自動運転のスタートアップZooxを買収

    Amazonは、米国時間6月26日に2014年創業の自動運転スタートアップZooxを買収することを発表した。Zooxはこれまで約10億ドル(約1070億円)を調達し、配車サービス向けのフルスタックソリューションを提供するために、車両を含む自動運転技術を開発することを目指してきた企業だ。 続きを読む

  • 自動運転のZooxがサンフランシスコに次いでラスベガスに進出

    自動運転のZooxがサンフランシスコに次いでラスベガスに進出

    自動運転車のスタートアップZooxがラスベガスに進出する。同社CTOのJesse Levinson(ジェッセ・レヴィンソン)氏がTechCrunch Disrupt SFで明らかにした。 続きを読む

  • カリフォルニア州がWaymoに自動運転タクシーによる乗客輸送を許可

    カリフォルニア州がWaymoに自動運転タクシーによる乗客輸送を許可

    Googleの社内ベンチャーとして発足したWaymoは現在はAlphabet傘下の企業として収益化を目指している。同社はカリフォルニア州当局から自動運転タクシーの実験許可を得た。 続きを読む

  • 自動運転スタートアップZoox、カリフォルニアで客乗車の許可取得に一番乗り

    自動運転スタートアップZoox、カリフォルニアで客乗車の許可取得に一番乗り

    米カリフォルニア州で、ドライバーなしの車両テストの許可を受けている企業は60社以上にのぼるが、そうした車両で客を輸送することができる許可を初めてZooxが取得した。 続きを読む

  • Uberのライバル「Zoox」のバリュエーションは15億ドル

    Uberのライバル「Zoox」のバリュエーションは15億ドル

    自動運転車の競争が激化している。いまだ秘密の多いスタートアップであるZooxは、まだプロダクトの発表前にもかかわらず15億ドルの価値があると判断された。 TechCrunchは、先日Zooxが香港のヘッジファンドであるComposite Capitalから5000万ドルを調達したという情報の裏付けに成功した。この資金調達の情報を最初に報じたのはThe Wall Street Journalだった。この資金調達は、10億ドルのバリュエーションで2億ドルを調達した前回の資金調達から1ヶ月も経たないうちに行われている。 続きを読む